有機栽培の基本は土づくりからです。

土づくりは、保水性 透水性 通気性を良くして、土壌改良を行う事から始まります。

土壌微生物と100%有機質肥料を施用する事で(自然の生物を利用して)、その土壌改良が出来ます。その結果、お金のかかる暗渠、明渠の費用も少なく出来ます。

常に土壌微生物とそのエサになる有機物を、施用することで作物に有効な微生物が増えて、土壌改善が行なわれます。

土壌微生物と100%有機質肥料の施用する事で(自然の生物を利用して)、土壌改善が出来ます。

こうして、有機栽培が身近なものに出来るのです。

土壌改善は2週間から3週間、土壌改良は1~2ヶ月で、かなり進行します。

施用すると土壌が改良され均一な土壌になるため、生育が揃います。

玉ねぎの苗ハウス事例     ミズナのハウス事例

画像の説明

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM